安さならここを選ぶべし!チタン印鑑のまとめサイト

三角の画像

home > 印鑑の豆知識 > チタン合金の印鑑は実印として打って付け

チタン合金の印鑑は実印として打って付け

実印として捺印する場合は、その印影を立証するため、印鑑証明書を添付するのが一般的です。
そのため欠損などによって印影が変わった時は、改めて新しい実印を用意して、登録し直さなければなりません。
欠ける度に申請するのも大変ですから、できれば丈夫な印鑑で登録するのが理想的です。
例えばチタン合金も、実印としては非常に魅力的な材質です。
チタン合金は重工業製品に使われるほど丈夫なため、耐久性がとても高いのが特長です。
サビや腐食にも強いので、紛失などしない限り末永く使えます。
チタン合金を取り扱っていないお店もありますが、通販なら確実に購入できますので、お近くの店舗で買えない場合は、ネット通販で注文致しましょう。
文字や書体も選べますから、ネット通販でも店頭と同様に、自分の氏名が入ったオリジナルの物が入手可能です。



チタンの印鑑なら強度の高い銀行印が作れる

認め印でしたら、文字の部分が欠けても買い替えれば済むのですが、銀行印では登録の関係上、再登録が必要になります。
ですから銀行印は、耐久性に優れる印鑑で作っておきたいところです。
そして、その用途にピッタリな素材には、チタンが挙げられます。
チタンの強度は工業分野で証明済みですから、銀行印としても申し分のない素材です。
そこで考慮しておくと良いのが、名入れの氏名です。
男性の場合はどちらでも良いのですが、女性の場合は名字やフルネームで作るより、名前だけで作った方が良い場合もあります。
名字やフルネームで作りますと、結婚した時に印鑑を作り直したり、銀行での再登録手続きも必要になります。
いかに丈夫なチタン製でも、この場合は作り直しが発生しますので、結婚後もそのまま使用できるよう、下の名前だけで作るのも上策です。



チタン製の印鑑を安く手に入れる方法

印鑑には、様々な素材があります。
その中でも丈夫で軽量なチタン製の印鑑が人気があります。
しかし、この素材はとても高価なものとなります。
少しでも安く手に入れるならば、店舗販売よりもネット通販サイトを利用した方が良いでしょう。
その方が店舗販売よりかは安くは買うことできます。
インターネット上には、チタン製の印鑑を販売しているネット通販サイトもあります。
いくつか気になるネット通販サイトをピックアップして、一番安く買えるネット通販サイトを絞っていきます。
ネット通販サイトによって、販売価格は異なります。
1円でも安く買うためには、いくつかのネット通販サイトを見比べることが大切です。
そうすることで、どこが一番安く買えるかが分かってきます。
多少面倒な作業となりますが、この一手間を加えることで安く買うことができるようになります。

次の記事へ

カテゴリー