安さならここを選ぶべし!チタン印鑑のまとめサイト

三角の画像

home > 印鑑の豆知識 > チタン印鑑のメリット

チタン印鑑のメリット

 日常生活で書類関係でよく使う印鑑ですが、購入する場合に種類がたくさんあるので迷います。どれを選べばよいかですが、自分の好みの材質を選ぶことがポイントになります。自分の代身とも言えるアイテムなので、自分が気に入ることが一番です。
 気に入れば愛情も移るようになり、大切に使いますので、使用した時にも使いやすくなります。常に買い替えるというような商品ではないので、気に入った商品を見つけて購入しておく必要があります。材質はいろいろあります。象牙であったり柘などの木であったり、牛や金属などもあります。
 チタンなどの金属も人気ですが、金属の場合は壊れるということがありませんし、重量感があるので使う時にも実感が込められます。昔から金属は貴重で、金や銀の印鑑は贈り物として使われたりしました。今ではチタンが金属では人気があります。

 チタンの印鑑は、以前は技術的にも彫ることが難しかったので、あまり利用されていませんでしたが、技術も進み、需要もあるので今では購入しやすい金属の印鑑になりました。重量感があり、価値があるイメージが持てるというメリットもありますが、災害時に残りやすいというメリットもあります。
 日本は災害が多く地震や津波、台風などが発生しやすい国です。その時に火事も起こります。火災の場合には一般的な素材の印鑑は燃えてしまいます。しかし金属の場合には残ります。日本は建物が木造で燃えやすいということもあり、災害ではなくても火災も多く発生します。
 その時にも金属の場合には残りやすくなります。耐熱性に優れた素材を利用していると火災の時にも残るので安心ができます。実印などでも変更しなくてすみますので助かります。

 金属の印鑑は掃除も楽になります。他の素材の印鑑とは違い、水で簡単に洗うことができます。長く使っていると、朱肉が残ってしまい汚くなります。素材にもよりますが、水洗いは避けたいということになりますが、金属ではその心配もありません。
 水に強いからです。お手入れも楽なので便利です。その他長く使っていると素材によっては欠けたりします。そうなると彫りなおしてもらうか、新しい印鑑を作るしかありません。姓名によっては字が複雑になり欠け安くなる場合もあります。
 金属であれば、その心配もなく使い続けることができます。よく使うことになる認印などにも最適です。チタンの印鑑の場合には印を押しにくい、朱肉がつきにくいイメージがありますが、押し方にコツがあるので、何度か使ってコツを覚えると簡単に使うことができます。

次の記事へ

カテゴリー