安さならここを選ぶべし!チタン印鑑のまとめサイト

三角の画像

home > 印鑑の豆知識 > チタンの印鑑のメリットとデメリット

チタンの印鑑のメリットとデメリット

印鑑の中でとても人気度が高いのがチタンの印鑑であります。
ですが、この印鑑にはメリットももちろんありますが、デメリットもあります。
ですから、メリットだけでなくデメリットに関してもきちんと把握しておくことが大切です。
まずはメリットの方から挙げていきます。
1つ目は、耐久性に優れていることです。
他の素材である象牙や牛角よりも耐久性が高いです。
つまり、摩耗したりぶつけても欠けたりしにくいわけです。
2つ目は、錆びないことです。
チタンは耐食性にも優れていますので、錆びることがありません。
一方デメリットは、1つ目は販売価格が高いことであります。
販売店によっては、数万円にもなることもあります。
2つ目は、木材系や牛角系の素材と比べて温かみがまるでないことです。
触るとひんやりと冷たさがあります。
以上のように、こうしたメリットとデメリットがあります。



丈夫でとても人気があるチタンの印鑑

チタンの印鑑は最近人気が高くなっています。
丈夫でさびにくいということから、耐久性に優れているということで購入をする人が多いです。
また、肌に触れてもアレルギー反応を起こすことが少ないという特徴もあります。
チタンの印鑑にブラスト加工を施してあるものが特に人気があります。
ブラスト加工を施すことで、滑りにくくなるため、持ちやすくなります。
さらに指紋とか手垢などもつきにくくなるというメリットもあります。
そして表面に傷がつきにくくなるので、長年使っていても新品のような状態が保てます。
また、チタンの印鑑は、耐久性が高いという特徴だけではなく、きれいな印影を残すときに重要となる捺印性にも優れています。
朱肉のツキがかなりいいので、すごくきれいに印影を残すことができます。
ほかの実印素材に比べるとずっしりとした重みがありますが、この重みがきれいに捺印する際に重要になっています。



チタン製の印鑑が人気な理由とは

印鑑の素材で人気が高いのが、チタン製であります。
なぜ人気なのかをこれから紹介していきます。
銀行印や実印などは長く使用することになりますので、それだけ耐久性を必要とします。
チタン製は、他の素材に比べてとにかく耐久性に強いという特徴があります。
ですから、傷が付いたり破損したりする心配がもっとも少ないです。
長く使用続けるには、もっとも適しています。
また他にも人気の理由があります。
それが、捺印性に優れていることです。
捺印性が高いことから、綺麗に捺印することができるようになります。
くっきりと捺印したければ、チタン製の印鑑を選ぶのが最適です。
さらに、錆びないということも人気がある理由の一つになっています。
錆びないことから、水洗いすることができます。
他の素材は難しいですが、この素材は水に濡れても錆びることがないため、水洗いが可能となります。

次の記事へ

カテゴリー