安さならここを選ぶべし!チタン印鑑のまとめサイト

三角の画像

home > 印鑑の豆知識 > チタンが印鑑の素材に適している理由とは

チタンが印鑑の素材に適している理由とは

印鑑は、私たち日本人が個人や法人の意思・責任を証明するために使用する、欠かすことのできない大切な道具のひとつです。
その材料としては、象牙や水牛の角、柘植・黒檀などの樹木をはじめとして、琥珀や水晶などさまざまなものが使用されてきました。
素材として大切なのは、一般的に捺印性の高さと耐久性の強さだといわれます。
書類などに使用する際に、私たちのいわば身代わりともいえる存在となる印鑑は、朱肉ののりが良く変形や欠けが生じにくいものであることが重要です。
そこで、最近その素材として注目されているのがチタンです。
軽くて強度なチタンは、さびや熱に対する耐久性にも優れています。
また、金属粒子がとても細かいために印面に朱肉がよく付着し、押しむらやかすれの少ない捺印が可能です。
それに加えて、金属製品でしか表現することのできないデザイン感覚あふれる外観も、大きな魅力のひとつとなっています。
実用面でもそれ以外でも優れたチタンの印鑑は、これからますます広がっていくことになるでしょう。



チタンの印鑑は使い勝手がよくなっています

印鑑は一生使うといっても過言ではないものとなっています。
特に、銀行印や実印を作るときには耐久性などを考慮して決める必要があります。
いろいろな素材がある中で、耐久性があり長く使える素材としてチタンがあります。
チタンは、耐久性はもちろんのこと、強度が高く耐食性にも優れています。
しかも、軽い素材なので長く使うことができます。
一番の特徴が鮮明に押すことができるため、大切な書類などにしっかりと押すことができます。
ちなみに、アレルギーを持っている人でも使えるという部分があり、金属アレルギーの人も使えます。
そして、メンテナンスも基本的には必要ありません。
ほかの素材では直射日光のところに置くと劣化しやすいなどということがありますが、こちらに関してはあまり気にしなくても大丈夫です。
ちなみに、使っていると文字の間にゴミが溜まることがありますが、ブラシを使って水で洗ったりすることができます。



チタン製の印鑑の美しさやメリット

日常生活で必ず利用する印鑑ですが、材質もいろいろあります。
印鑑の通販のサイトを見るとわかりやすいですが、それぞれの材質にもメリットやデメリットがあります。
材質で有名なところでは、象牙や水牛、柘などです。
そのほか最近では金属のチタン製の商品も人気があります。
価格は他の材質よりも高めですが、印鑑自体、長い年月利用するものですので、長期的にみると、それほど効果とも言えません。
とくにチタン製の場合は、壊れたり欠けたりする心配もありませんし、火事などでも、溶けることもありません。
災害などでも、見つかりさえすれば、そのまま利用することができます。
他の材質のものと比べても耐久性は事情に高いということが言えます。
また、金属なので輝きも魅力です。
ファッション的にも利用する時に注目されますので面白いかもしれません。
デメリットとしては、金属なので冷たい感じがするという人もいます。
その点は好みによります。

次の記事へ

カテゴリー