コラム

これから注目のチタン印鑑の品質

日常生活では、日本の場合契約や届け出で印鑑がどうしても必要になります。これはとくに形や種類が決まっているわけではないので、価格が安いものでも、とくに注意をされるわけではありませんので使えますが、これは使えるというだけで、相手に良い印象を与えられるかどうかということは別になります。
認印や銀行印はともかく、実印となると印鑑登録をして大切に使うことになるので、良い商品を購入しておく方が、対外的にも自分のためにもなります。実印は自分の身代わりのような実用品だからです。
そして消耗品ではなく、普通は一生使うことができます。とくに実印は使う機会があまりないのが普通で、よく使うのは認印です。ですので実印の購入では一生にひとつということで良い商品を購入しておきます。

そうすると相手の評価も固まります。実印を使用する時に三文判のような安くて細いものでは、相手もあまり良い気持ちにはなりません。契約の時などでも、なかには押し方で相手を判断したりする人もいます。
重要な契約では、とくに押し方も注意する必要があります。まして実印の場合には、ますます注意をして見ています。ですので良い商品ということと押し方ということが重要になります。持っている人の考え方の姿勢や契約の重要さに現れるからです。
一生に1本の実印ということでは、できるだけ良い商品で、一生使い続けられる素材の商品がおすすめですが、一生使えるということで間違いない注目の品質の商品としてはチタンの素材がおすすめです。固い金属なので他の素材よりも間違いなく長持ちします。

チタンが何故よいかということですが、他の材質の商品、たとえば象牙や水牛、柘などは欠ける場合があります。わずかでも欠けてしまうと、使えはしますが、運勢が悪くなるということで嫌がられます。
印影が丸い中に漢字が彫られますが、その丸い部分が欠ける場合があると、円満という丸が欠けるということで、欠けた方向から運気が逃げるという意味にとります。また円満さが欠けてしまうとなるわけです。どちらにしてもよくありません。金属ではよほどのことがない限りそれもありません。
また火事や災害などでも差が出てきます。金属の方が残りやすくなります。そして洗うことも簡単にできるので、常にきれいに保管できます。また金属の光なので、お金に関連するイメージもあります。メリットも非常に多い印鑑ですので、おすすめの商品ということになります。